そば栽培

・本郷地区でのそば栽培は、最初の荒耕起作業を除いて、播種から刈取り・販売まで一括して弊社が特定受託作業として行います。
・圃場の排水管理および畦畔の草刈りなどの管理は、各農家が行います。

栽培スケジュール

夏そば(しなの夏そば) 秋そば(信濃1号)
5月上中旬 6月上中旬 7月中下旬 8月上中旬 9月上中旬 10月中下旬
播種 開花 収穫 播種 開花 収穫

広い地域内に咲く白いそばの花は、とても美しいです!

そば栽培作業のフロー

1.耕起

1.耕起

まずトラクターで土壌を耕します。
荒耕起は各農家が行います。

2.播種

2.播種

搭載型シーダーにより播種を行います。
この1台で耕起・整地・播種・施肥・転圧の作業を一度ですべて行うことができます。
※転圧…そばの種子を乾燥から守るため

3.発芽生育

3.発芽生育

そばは水に弱い作物なので、排水管理が重要です。
農薬や除草剤は使用しません。

4.そばの花

4.そばの花

そばの花が咲きます。
夏そばは6月上旬、秋そばは9月上旬に開花します。

5.そばの実

5.そばの実

そばの実がなります。
玄そばとも言います。

6.そば採種圃場の調査および指導会

6.そば採種圃場の調査および指導会

種子の栽培圃場は、関係機関による作柄調査や現地指導会が行われます。
この調査によって合格したそばのみが出荷できます。

7.そば刈取り

7.そば刈取り

普通型コンバインによって、そばの刈取りを行います。

8.玄そば運搬

8.玄そば運搬

刈取った玄そばは、すぐに乾燥調製施設に運びます。