そばの出荷フロー

そばの出荷フロー

圃場で収穫された玄そばを、そば専用の乾燥調整施設で丁寧に乾燥させます。
この工程の中で夾雑物や椎名などを取除いて、良質の玄そばを出荷します。

出荷する玄そばにはひとつひとつの袋に番号が付いており、1日単位で刈取った圃場がわかるように管理をしています。

そば乾燥調整施設

1.荷受け

1.荷受け

圃場から運ばれて来た玄そばを受け取ります。
受け取った玄そばを荷受ホッパーに投入します。

2.機械操作盤

2.機械操作盤

荷受けから乾燥機に送るまでの操作を行います。

3.荷受ホッパー

3.荷受ホッパー

玄そばを最初に投入する投入口です。

4.粗選機

4.粗選機

玄そばに混入している茎などの夾雑物を取り除きます。

5.荷受計量機

5.荷受計量機

農家ごとの受け入れ重量を計測します。

6.遠赤外線乾燥機

6.遠赤外線乾燥機

遠赤外線乾燥機で約2日かけて水分が一定値になるまで乾燥します。

7.排塵除去装置

7.排塵除去装置

乾燥中に出る小さなゴミやホコリを取り除きます。

8.集塵器

8.集塵器

乾燥機から調整タンクに送る時に出るホコリを取り除きます。

9.調整タンク

9.調整タンク

乾燥の終わった玄そばを出荷作業のため一旦タンクに入れます。

10.風選機

10.風選機

風選機によりゴミ・ホコリ・椎名などを取り除きます。

11.石抜機

11.石抜機

刈取作業の時に混入した石があれば取り除きます。

12.金属除去装置

12.金属除去装置

万が一金属が混入している場合には取り除きます。

13.粒選別機

13.粒選別機

粒の大きさにより選別を行います。

14.袋詰め作業

14.袋詰め作業

出荷用の袋に一定量の玄そばを入れます。
定量となった袋を結わえて出荷用パレットに積みます。

15.検査

15.検査

出荷前に検査官による検査を受けます。

16.出荷

16.出荷

検査が終わり、検査に合格した玄そばのみを出荷します。